CELLEF

スキンインターバルメソッド

オリジナルメソッド01

独自のメソッドで細胞にアクション

細胞は非常に繊細で、急激に刺激を与えてしまうと、動かなくなってしまうことが長年の研究で判明しました。そこで、肌が本来もつチカラを引き出す環境作りと細胞へ効率良くアプローチできるよう開発したのが「スキンインターバルメソッド」です。

スキンインターバルメソッド

スキンインターバルメソッド

「スキンインターバルメソッド」とは、ソフトアクション(助走)とパワフルアクション(跳躍)のように、緩急をつけて交互にアクションすることでステップアップさせていく使用手順を言います。

Image

Image

オリジナルメソッド02

ソフトアクション 助走

まずは、コンディションが乱れた肌にソフトアクションを与えて優しく目覚めさせ、健やかなコンディションに整えます。

セルアクティブソーム

Image
適切なアクションを与えるためには角質層の細胞間を通過し、角質層の奥深くまで届く成分が必要。そのためサイズ感がポイントになります。

パワフルアクション 跳躍

コンディションが整った肌に、今度はパワフルアクションを与えて、肌が本来持つ潜在的なチカラを引き出します。

セルアクティブソーム

Image
助走に重要な成分は跳躍にも必要です。濃度をアップさせてさらなるアクションを加えます。

スプリングソーム

Image
跳躍では生命の源となる幹細胞に着目しています。また年齢による角質層細胞の作用の違いにも注目。助走とは異なるアプローチを行います。

Image

Image

オリジナルメソッド03

交互に繰り返す

ランナーなどスポーツ選手が短期間で体を鍛えたい時には、緩急をつけるインターバルトレーニング法が効果的で良いとされています。私たちの 身体も肌も、同じように考えるならば、長時間同じアクションを続けるよりも、異なるアクションを交互に繰り返すことが必要と考えています。

助走と跳躍を交互に繰り返す

Image

Image

※細胞: 角質層細胞のこと