CELLEF

セルサイエンス

セルサイエンス01

キレイは細胞※1がつくる

年齢や環境により、細胞が放つエネルギーは異なります。20歳頃から、細胞の働きは低下すると言われ、まるでウトウトと居眠りしたような状態になることに気づきました。この居眠り細胞※2が、本来のチカラを発揮できず、エイジング悩みを引き起こしている可能性があると考えました。理想の細胞とは、エネルギーに満ちあふれ、とても美しく輝いている状態です。

居眠り→健やか→活発

Image

セルサイエンス02

細胞ステップ美容※3

理想の肌を叶えるためには、細胞のコンディションを整える必要があります。しかし、細胞は非常にナイーブ。急に剌激を与えても上手に働かないという結果を得ました。 そこで、居眠り状態から目覚め、健やかに安定し、活発で躍動的な状態を目指すステップアップのしくみが重要です。

Image

  • Step 1 デリバリーシステム

    角質層まで成分を届ける
    Image

    通常、肌は角質層や皮脂膜により、ガードされています。デリバリーシステムにより、細胞※1間にうるおいを与え、浸透ルートを形成します。

  • Step 2 スキンインターバルメソッド

    ”ソフトアクション”と
    ”パワフルアクション”の
    異なる2つのケアを交互に行う
    Image

    助走と跳躍の2つのアクションを与えます。交互に繰り返すことで肌は輝きを増し、 美しさを誘います。

  • Step 3 ビューティインナー

    インナーケアで美しさを育む
    Image

    美容ケアのステップで重要なのは、インナーからもしっかりケアをすることです。

Image

Image

セルサイエンス03

セルエフの開発ストーリー

細胞研究者

日本ゼトック(株)
細胞研究者 佐藤真奈美
マチュア世代の細胞は居眠り状態にある
その気づきからセルエフは始まりました
細胞の持つ能力を引き出すこと=本来持つ肌の能力を引き出すこと。その手法を細胞研究者は長年の研究から知っていました。細胞にとって本当に必要なことを与えれば、細胞は躍動を始め、肌は内側から輝き、何にも代えがたい美しさを放ちます。細胞研究者として、そして一人の女性として、マチュア世代のライフスタイルに寄り添い、ともに歩み続けたいと考えています。
  • ※1 細胞: 角質層細胞のこと
  • ※2 居眠り細胞: 日本ゼトックが名付けた角質層細胞の名称
  • ※3 角質細胞をうるおいで満たすお手入れ方法のこと